こちらの本です。
初めのタイトルのイメージとは違う切り口でした。

簡単に言うと日々メモを取ることで、常に思考している状況を作ると言うことでしょうか。
あまりメモをしないタイプなので、少しやってみようかと思いました。

共感できたのは、仕事をしていると当然いくつかのことが並行しているので、ふと思いついたことはその場で書き留めないと忘れてしまうと言うことです。
これはよくありますし、このアイディアがもしかしたら成功するものかもしれないですし。
そう言った意味では日々機会損失を繰り返しているわけですね。

頭の中のモヤモヤをすぐにハードディスクに保存しておくのがメモのイメージでしょうか。

メモの取り方などは是非この本から学んでもらえればと思います!